トップページへ戻る
酒文化探訪の会 特別例会「酒器制作体験会」のご報告  
 


世田谷の道はほんとに狭いな~!その狭い商店街をコミュニティバス「せたがやくるりん」が、歩行者をかき分けかき分け、のろりそろりと走ります。 徒歩で向かった先発隊はもうとっくに着いているだろうな~? と思う間もなく、静かな住宅地の中にひっそりと建つ陶房にたどり着きました。9月末とは思えない蒸し暑い日で汗が滲んできました。

酒文化探訪の会、 今回は「特別例会」と称し、お酒の持ち味を引き立たせる「酒器づくり」への挑戦です。 参加者は急なご欠席も2名あり18名、全員陶芸は初めてという一見無謀な挑戦!? 果たして2時間半で「酒文化を醸し出す道具」が仕上がるのか? 期待と不安が入り混じります。

しかし制作が始まるや否や、喜々として小学校以来という粘土遊びに取り組んでいる風情の方、いや、 なかなか真剣なまなざしで一途に土と格闘している趣の方、「猪口(ちょこ)」を作り出したらいつの間にか「ぐい呑み」になっていたとか、 「ビアグラス」を作り出したら思いもかけず「バケツ」になっていたとか、折角作り上げたらいつの間にか「底」が抜けていたとか、初めての陶芸でいろいろな試練には見舞われましたが・・・ スピードとパワーであっという間に10個もおつくりになった方、ひとえに1品のみの「大作(!?)」に黙々と打ち込んでおられる方、と取り組み方は様々・・・。

各自作り上げた作品群から最終的に2点を選ぶのですが、 出来上がったものは皆、 初めてとはとても思えない素晴らしい(個性的な)作品ばかりでした。

ご参加の皆さん、焼きあがって自宅に届くまで約一か月、自分が初めて造った作品で酒を飲むのが楽しみ!待ち遠しい!と 異口同音に仰せでした。よかったよかった(^^♪


日時    2016年9月28日(水) 14:00~16:30
会場    祖師谷陶房(世田谷区祖師谷6丁目)          
内容    盃・猪口・ぐい呑み・片口・徳利・ビアグラス・焼酎グラスなどの酒器制作を体験しました。
参加者   18名(内、女性1名)  ※参加者名下記の通り(敬称略・50音順)    
          池田・伊豆・磯貝・袰川・岩佐・大石・大内・大林・小幡・加藤・金森・ 岸・小高・
          齋藤(和)・鈴木(裕)・露崎・永井・山内

※今回はこの陶房に週に1回通っておられる田中達也さまのアレンジにて実現できました。田中さまには当日もご同行
   戴き、写真撮影を始め大変お世話を戴きました。この場をお借りして感謝申し上げます



  ≪ 祖師谷大蔵駅に三々五々集合、怖いものしらずの
   勇気ある面々、しかし期待と不安が募るばかり・・・ ≫ 
 
        ≪ 今回ご指導戴く  すずきたもつ先生(左) と
     新井田志奈帆先生(右・美人!)≫

      

  
 
≪ 短時間での初めての制作のため、皆さん先生の説明を一言一句もらさず耳を傾けています ≫

 
 

≪ 真剣そのものの制作風景 ≫

 
 
 
 
   ≪ チャーミングな志奈帆先生にアドヴァイスを戴くと
   モチベーションも上がるというもの!
      ついつい質問するのも人情か ≫
 
  ≪ 女性はやはり男性に聞く、
     これまた人情のなせるわざ ≫
 
  ≪ あらら~たった2時間でこんな立派な
     作品をおつくりになった方が!・・・

おみそれ致しました ≫
 
                 



 






















▲ 集合写真をクリックして4枚の写真をご覧下さい
  ( クリック拡大・戻りボタン X < >  









  




 

 
   
   
  後列左より、田中(達)、鈴木(裕)、伊豆、小高、齋藤(和)、山内、岸
中列、大内、金森、袰川、露崎、磯貝、岩佐、加藤
前列、小幡、永井、大石、大林、池田  
  
 
    「地元」の伊豆さんに街を案内して戴きながら、
           親睦会場へ向かいます。



「作品」を作り上げた喜びと安堵感で、
  解放されたひと時、 もう満足満足・・・。
作り上げた「作品」について、酒について、またまた時事問題と話題は尽きませんが、それにしても皆さんいい笑顔!(^^♪
飲み放題の酒がどんどんすすみます。 
さすがに酒豪揃い!
再会を 誓って家路へ 千鳥足・・・。
                
  
    酒文化探訪の会
 代表世話人: 永井 春夫
   世話人: 高瀬 俊次  金森 康泰
   アドヴァイザー: 小幡 健一


 

 
 トップページへ戻る                                            ページの先頭へ戻る

< 2016/10/7 文責:金森:HP編集:後藤 >